なぜ掛川茶は人間の健康に良い影響を与えるのか?

掛川市というと、静岡県にある町だということは多くの方がご存知だとは思いますが、実はこの掛川市、日本の都市の中で最もがんによる死亡率が低く、高齢者の医療費も全国の平均と比べて20パーセント以上低いという長寿の町なのです。どうして掛川市はこんなにも長寿の町でいられるのでしょうか?その秘密は掛川市の名産、掛川茶にありました。お茶というと健康に良いと昔から言われていますが、実は掛川茶にはそれだけではない多くの効能が隠されているのです。そこで今回は掛川茶が健康にあたえる影響をご紹介します。掛川茶は一般的なお茶と違い「深蒸し」という製法で作られます。深蒸しの製法を作ったお茶は、通常よりも色が濃く細かい浮遊物が多く含まれているのが特徴で、この浮遊物には他のお茶にはほとんど含まれない、βカロチン、ビタミンE、クロロフィルなどの成分が含まれているのです。βカロチンには抗酸化作用、ビタミンEには血行促進や免疫機能改善の効果が見込まれますし、クロロフィルには腸内環境を整える働きがあるといわれています。これが人間の健康に良い影響をもたらし、その結果、掛川茶を飲んだ人間の寿命を延ばすと効果があると言われているのです。それではなぜ掛川茶にはこのような成分が含まれるのでしょうか。それは掛川茶を作る環境に秘密が隠されています。掛川の茶畑は、そのほとんどがなだらかな丘にあり、日差しをたっぷりを浴びて育てられるため、カテキンを多く含むのです。しかしカテキンはあまり多いとお茶が渋くなりすぎてしまいます。そこで、掛川茶は「深蒸し」という製法をとるのです。深蒸しとはその名前の通り、お茶を長時間蒸すことで、こうすることで、茶葉の組織がより抽出され様々な効用を生み出すのです。渋みのある掛川茶と深蒸しが上手く相互作用し人間の健康に良い影響を与えているのです。お茶を製造するには決して適しているとはいえない掛川が生んだ人間の知恵には、頭がさがる思いです。
クレジットカードの即日発行じゃけん健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|GetMoney|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|お小遣いNET|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|貯蓄